法律で、行政書士には守秘義務がございます。ですので相談内容は当然「秘密厳守」。ご安心して当事務所までご相談ください。

HOME > 遺言・相続 > どうしても遺言書が必要な場合

どうしても遺言書が必要な場合

遺言書が無いと十中八九揉める場合や、どうしても遺言書が必要な場合を挙げておきます。

  • 子がおらず、配偶者と兄弟姉妹(おい、めいを含む)が相続人の場合
  • 遺産をやりたくない相続人がいる場合
  • 法定相続分より多く、または少なくやりたい場合
  • 遺産をやりたい他人がいる場合、または法定相続人がいない場合
  • 先妻の子がいる場合
  • 家業を継ぐ者に家業に関係する遺産をやりたい場合
  • 遺産分割協議が難航しそうな場合
  • 内縁の配偶者がいる場合
  • 内縁の配偶者または愛人との間に子がいる場合
  • とりあえず配偶者に全部相続させ、後にのこった者が最終的に子への分配を決定したいとき
山本達也事務所

2010-22 © 行政書士・社会保険労務士 山本達也事務所 All Rights Reserved.